ローズマリー

2016.01.15 18:04|ハーブ
【ローズマリー】
 和   名:マンネンロウ
 学   名:Rosmarinus officinalis L.
 科 ・ 属名:シソ科マンネンロウ属
 原産地域:地中海沿岸

TS3E0773.jpg

常緑性低木の多年性植物。
草丈は、20~180cm位で、ほふく性と立性のタイプがある。
冬から春にかけて花が咲き、青から紫色が多く
白や桃色のものもあり、観賞用としても人気がある。

ローズマリーは、ラテン語で海のしずくを意味する言葉からきている。
集中力・記憶力を高めるハーブとしてよく知られ、花言葉は「記憶」。
フレッシュでもドライでも利用可能で、抗菌作用や酸化防止作用がある。
化粧水として使うと肌を引き締め若さを取り戻し、
ローズマリー水は若返りの水の別名を持っている。

コメント

非公開コメント