微生物試用のまとめ2

2013.10.05 18:35|ベリー
微生物試用のまとめ2。
お米と果樹で栄養をとりはじめる時期が違う。
今年の春から微生物の試用を始めたわけだが、
お米は、春に田植えをして、そこから栄養を取っていくのに対して、
果樹は、一年前から枝に栄養を蓄えはじめる。
TS3E4183.jpg
と言うことは、
今年の春から微生物を与え始めたのでは、果樹には遅いことになる。
果樹については、今年与えた微生物の効果は、
来年成果があらわれるのだろう。
じっくりと来年成果をみることにする。  おわり

コメント

微生物

微生物についてありがとうございました。
稲と果樹はやはり違うようですね。
おいしいお米とおいしいベリーや香り高いハーブに囲まれて、
うらやましいです。

微生物

微生物についてひとつマル秘情報を提供します。
愛媛県が作った「えひめAI」という微生物混合液があります。
とても環境に良い資材であることから、愛媛県は特許を取らず、
製造方法を公開しています。
当園では、えひめAIを基本に色々なものを混ぜ、
パワーアップさせたものを使用していますが、
えひめAI単体でも、けっこう効果はあります。
ぜひ「えひめAI」を検索して、使用してみてください。
出会えてよかったと思うかもしれません。

えひめAI

えひめAIはむかし、台所で使ったり、洗濯に使ったり、トイレに使ったりいろいろしていました。現代農業?とかいう雑誌で、農業に使うのは知っていましたが、使ったことはありません。ラズベリーやブラックベリーにもよいでしょうか。

えひめAI

えひめAIは、すべての植物に使用できます。
人間が食べる納豆、ヨーグルト、イースト、砂糖のみで作りますので、
植物に害は与えないと思います。
納豆菌、乳酸菌、酵母菌が酵素を作りだし、
土や植物にはとっても良いものになります。
ひとつ注意が必要で、花が咲いているときにかけると
花が受粉したと勘違いして落花してしまい、
果樹などでは、実が成らない状態になってしまします。
ラズベリーやブラックベリーの花にかけない様に注意してください。
非公開コメント