FC2ブログ
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ

最新記事

プロフィール

きまぐれ園長

Author:きまぐれ園長
H&M Garden

リンク

最新コメント

最新トラックバック

フリーエリア

2018 ラズベリー本格的収穫開始

2018.06.11 22:02|ベリー
2018 ラズベリー本格的に収穫開始。

5月30日に初収穫を行い
少しずつ収穫量が増え
ようやくひとザル以上の収穫量になった。

20180611_152542_HDR.jpg

去年の作業日誌を確認すると
本格的に収穫できたのは6月22日であった。

ラズベリーは生育が10日以上も早まっている。

コメント

ナンタヘーラ と ラフザック(ヒンボートップ)

ナンタヘーラ と ラフザック(ヒンボートップ)はどのような様子でしょうか。
ナンタヘーラの栽培をやめようか思案中です。

ナンタヘーラ

ナンタヘーラは、
理由はよくわかりませんが、
枯れてしまいました。

栽培している方に聞いてみたところ
ハチミツの様には甘くはないが、
他の品種よりは甘い様なので
来年再チャレンジしてみます。

ヒンボートップは、
今年の春に植えたばかりなので
どうなるかはわかりませんが、
今の所順調に育っています。

ナンタヘラ

何たへーらは瀬戸内地方では収量も少ないです。少し甘い程度。果肉は締まっています。でも収量が極端に少ないです。種も少し大きいので口触りが悪いです。じゅせいはおおせいです。秋果がならなければ、栽培をやめようと思っています。

ヒンボートップは収量が多く、秋果を遅くまで(12月初旬)収穫したせいか、今年はシュートの本数が少ないです。秋果をいつまでもならせないように栽培しようと思っています。種が少し大きいです。ヒンボートップ 1種類でもいいかなと思っています。

ヒンボートップ

秋果をたくさん収穫すると
ヒンボートップに限らず
初夏の枝の姿は弱々しくなり
収穫量は減る感じがしています。

ラズベリーの産地山形県ではほとんどの方が
ヒンボートップを栽培しているようです。
それだけ優秀な品種なのだと思います。

今注目している品種はオータムビリスです。
大粒で形がきれい。
収穫量も結構あります。
どうでしょうか。

オータムビリス

そういえばオータムビリスは
掘り上げてしまったのでしたか。

オータムビリスはダメでしたか?

オータムブリス

オータムブリス は掘り上げてしまって、後悔しています。
ナンタヘーラよりはオータムブリスの方が収量がはるかに多いです。ただ瀬戸内では夏の初めの秋果が受粉しません。

夏の受粉

宇都宮でも同じです。
夏の暑い時期は受粉しなかったり、
しても奇形の果実になったりといった感じです。

おそらく夏の暑い時期は、
ハチや昆虫がそんなに飛ぶことができないので
受粉できないのだと思います。
非公開コメント