fc2ブログ
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
カテゴリ

最新記事

プロフィール

H&M ガーデン 園長

Author:H&M ガーデン 園長
H&M Garden

リンク

最新コメント

最新トラックバック

フリーエリア

2024 稲作チッソ量調整

2024.03.31 19:37|お米
3月31日
お米を作る水田のレンゲ草をトラクターで減らし
チッソの量を調整。

レンゲ草を水田一面に咲かせると
チッソ量が多すぎて稲が倒れてしまう為の調整作業。

20240331_133618.jpg

20240331_141320.jpg

レンゲ草は空気中の窒素を取り込む能力がある為、
稲作の肥料に利用していいる。
しかし、その量を調整するのが難しい。

只ここまでやってきて残念であるが、
今年で稲作は最後にしようと考えている。
経費削減等試行錯誤してきたが
どうしても持ち出しの赤字になってしまう。

1ヘクタール程度の面積で今のお米の単価では
稲作を黒字化することはきびしい。

2023 氷温熟成米販売開始

2023.10.31 19:57|お米
40日間氷温での熟成が終わり
ついに新米コシヒカリの氷温熟成米が完成。

現在ほとんどの方が化学肥料でお米を作っていますが、
美味しさを求めてあえて労力のかかる有機肥料でコシヒカリを栽培。
その貴重なお米を氷温で熟成させることにより
デンプンが分解されブドウ糖などが作られ甘味旨味が増し
粘りも向上したモチモチ食感の美味しいお米になります。

20200918_145057.jpg

20200917_212807_20231031195036c29.jpg

令和5年度産コシヒカリの氷温熟成米、
11月1日から販売開始。

【氷温熟成米コシヒカリ】
 お試し用精米1kg 500円
 玄米10kg 3200円 ※精米は無料で行います

 化学肥料を使わずに作った
 美味しいお米を求めている方に
 おすすめのお米になります。

2023 稲作作業終了

2023.10.29 19:34|お米
10月29日
田んぼの土手の草刈り。

20231029_132120.jpg

今年最後の田んぼの草刈り。
レンゲの種もまいたし
今年の稲作作業はこれで終了。

2023 レンゲの種散布

2023.10.27 20:39|お米
10月26日
田んぼにレンゲの種を散布。

レンゲの種は10月中に散布した方が良いので
急いで田んぼを耕し
レンゲの種をまいた。

レンゲの種は初めて動力噴霧機でまいてみたが、
楽にはやく散布できて良かった。

20231007_121020.jpg

20231007_121155.jpg

20231003_134634.jpg

化成肥料が高騰しているので
レンゲの種は安く経済的に良い。

逆を考えた時
化成肥料が安かったら使うのか考えたら
もう安くても使う気はない。

大気中の窒素を太陽のエネルギーで取り込むレンゲの緑肥は
すばらしいと思う。
環境にも良い。

欠点は緑肥の栽培技術がない為、
お米の収穫量をなかなか増やすことが出来ない。

2023 今年も大地を耕す

2023.10.03 20:52|お米
10月3日
今年も大地を耕す。

20231003_134631.jpg

日本の稲作は、
平均10a10万円の収入に対し
12万円の支出があると言われ
余程緻密に考えないと赤字になる。

来年は肥料資機材の高騰で
90%以上の稲作農家は赤字になる見込み。

大規模に行うか
何か特長のある栽培を行うか。
どちらかに向かわないと黒字にならない。

答えは出ていてどちらかに向かえばいいのだろう。
だから今年も耕す。