FC2ブログ

2020年のお米決めた

2019.12.30 20:25|お米
高価なコンバインは買えない。
美味しいいお米作りをあきらめようともしたが、
そこで、友人に相談したら、
快く貸してくれることになった。

これで思いっきりお米作りが挑戦できる。
そして、再び食味値80以上をめざすことを決めた。

20190428_091440_20191230195425882.jpg

2016年に食味値80を超して以来、
この3年間は80を超えられないでいた。
夏の暑さもあるのだろうけど、
何となくだが美味しいお米の作り方をつかみかけている。
最高級のお米作りのイメージが出来たのでワクワクしかない。
もう何も怖くない。
来い、2020。

2020年のお米のゆくえ

2019.12.29 19:33|お米
美味しいいお米を作りたくて、
レンゲソウ緑肥によるコシヒカリの栽培を行ってきたが、
窒素量をつかむのが難しく毎年稲を倒してしまい
稲刈りをして頂いている方に申し訳ないので
あきらめようと考えていた。

20190427_171148_20191229191325ea6.jpg

しかし、ここであきらめる訳には行かないと思い、
コンバインを買う決断をした。
コンバインのことを調べてみるとやはり値段が高い。
この面積でコンバインを買ったら完全に赤字になる。
買うのはあきらめた。
では、どうする?    つづく



2019年産米作況指数

2019.11.01 20:37|お米
農林水産省発表の2019年産米作況指数は、
全国は99の「平年並み」。
栃木県は97の「やや不良」の見通しとなった。

長梅雨の日照不足、
8月の高温や降雨不足、
9月の台風等、
天候不順が響いた。

20190911_093641.jpg

今まで米の粘りが強く食味に優れる
コシヒカリを栽培してきた。
確かに日本を代表する美味しいお米=コシヒカリであったが、
他の品種に目を向ける時期にきているのかもしれない。
品種改良ですばらしいお米がたくさん出てきている。

2019年度栃木県産コシヒカリ販売

2019.10.31 19:08|お米
【2019年度栃木県産100%コシヒカリ販売】

一般販売
 玄米30kg 9000円
 玄米15kg 4500円
 玄米10kg 3000円

年間契約販売(最低60kg以上)
 玄米30kg 8400円
 玄米15kg 4200円
 玄米10kg 2800円
 
 ※無料で精米致します。

20190428_091218.jpg

2019年度産コシヒカリの食味値検査結果は、
点数は目標の80には程遠いがAランクとなった。
しかし去年のBランクと同等と思われる。
(今年はJAの食味値検査機械更新によりSランクができた為)

最近夏の暑さが異常な為、
コシヒカリの栽培が難しい。
今年は7月末までの長梅雨による日照不足も影響か。
レンゲ栽培による窒素過多も食味には影響している。

まとめると
一生懸命美味しいお米つくりを目指しているが、
結果は標準の食味値に終わった感じ。

一般のお米との違いは、
化学肥料を使用せず有機肥料のみで栽培したことと、
害虫駆除のヘリコプターによる農薬散布は行わなかったこと。
(※除草剤散布は行っています)


2019 コシヒカリ収穫

2019.10.05 20:47|お米
2019コシヒカリのレンゲソウ緑肥栽培。
台風15号で全面倒伏した。

台風前にもある程度倒れていた。
レンゲソウは予想以上の窒素量であることがわかる。

20190911_093652.jpg

現在稲刈りは委託している。
倒れた稲を刈り取るのはとても苦労する。
他人に迷惑はかけられないので、
レンゲソウ緑肥栽培は、一時休止。
将来必ずもう一度挑戦したいが、
どのようにすれば良いのか少し考える。