2018 木酢液散布

2018.02.17 20:07|自然農法
2月16日、新月。
木酢液散布。

木酢は色々な効果があるが、
今回はカイガラムシ対策。
木酢液の効果は、濃度によって変わる。

20180216_125103.jpg

去年は、200倍に薄めた木酢液を散布したが、
カイガラムシを完全に退治することはできなかった。

50倍希釈液であれば
カイガラムシに効果があることはわかっているが、
100倍より濃い濃度であると完全に殺菌効果があらわれ
微生物まで殺菌してしまう。

今年は125倍の希釈にしてみて散布。
これはもう生育抑制から殺菌効果に切り替わる範囲。
これでダメなら
木酢液によるカイガラムシ退治はあきらめる。

木酢液は400倍以上に薄めて、
多様な微生物を増やし、
生育促進として使う方が良い。

ミノムシ採取依頼

2017.09.12 22:29|自然農法
先日、ミノムシの研究者が当園にご来園。
ミノムシを使ってある研究をしていて、
何の研究なのかは明かされなかったが、
こころよくミノムシ採取の依頼を受けた。

ブルーベリー園にはミノムシが多くいるらしい。
なぜならブルーベリーは無農薬で栽培している人が多いからだそうだ。

20170910_100059.jpg

20170909_123357.jpg

このオオミノムシが、絶滅危惧種に指定されたという。
ハエの幼虫に寄生され
個体数がとても減っているようだ。
また、世の中農薬だらけで生きていくのが大変なのだろう。

イラガの特効薬

2017.08.08 22:57|自然農法
イラガに刺された時の特効薬。

イラガに刺されたらこれ。
日本ブルーベリー協会の記事にこれあり。

イラガに刺されたらブルーベリーを塗る。
薬よりも良く効くとある。

試してみると本当に良く効く。
こんな身近なところに特効薬があったとは。

20170629_093124.jpg

虫刺されなどに良く効くブルーべリー。
食べれば体の中の悪いものも
直してしまうだろうという話も納得。

イラガに注意

2017.08.05 23:25|自然農法
夏になるとケムシが発生する。
良く見るのはイラガ。
少し触れただけでも痛くなる
困ったケムシだ。

20170717_175143.jpg

毎日毎日ブルーベリーの収穫をしていると
たまに刺されてしまう。

そんな時にはこれで大丈夫。
もう薬なんていらない。
                  つづく。

風がないと植物は

2017.05.25 22:03|自然農法
風がないと植物は弱る。
植物の成長には風が重要。

風が吹かないと悪い菌が付着して病気になる。
強い風は良くないが、
微風が当る環境で育てなけばならない。

20170522_143834.jpg

考えてみるとブルーベリーの樹で
虫が付かなかったり病気になりにくいものは、
枝数の少ない品種だ。

枝の多い品種は
剪定で風が通り抜けやすくした方が良いことがわかる。