FC2ブログ

2020 冬季剪定の時期だが

2020.01.04 18:53|ブルーベリー
1月、2月は、ブルーベリーの葉が落ちて
剪定を本格的に行う時期。

20200104_143400_HDR.jpg

しかし、1月は温室栽培の設備を整えなければならない。
2月からブルーベリーの温室栽培を開始予定。
これもワクワクが止まらない。

ブルーべりーは好酸性植物

2019.12.28 20:09|ブルーベリー
ブルーべりーは好酸性植物。

ブルーベリーは強酸性土壌で育てるのが基本だが、
なぜ強酸性土壌にしなければならないのか?

それは好アンモニア性の為。

20190613_114914.jpg

多くの植物は、硝酸菌の働きでアンモニアから変化させた硝酸で成長する。
しかし、好アンモニアのブルーベリーは硝酸では成長できないので、
アンモニアを硝酸に変化させないようにしなければならない。
そこで、硝酸菌はpH5以下の強酸性では活動が抑制される為、
土壌をpH5以下の強酸性にしてアンモニアを変化させないようにすることによって、
ブルーベリーは成長することができる。
ブルーベリーが、強酸性土壌を好むのはこの為。

ちなみに肥料を購入するとき、
窒素は、硝酸態窒素ではなく
アンモニア態窒素を選ばなければならない。
肥料袋には必ず書いてあるので確認する。

2020 土壌pH調整作業

2019.12.27 20:59|ブルーベリー
2020 土壌pH調整作業。
硫黄紛を散布して土壌を酸性にする。

20191227_131405.jpg

ブルーベリーは、好酸性植物。
なぜ土壌を酸性にしなければならないのかは、次回。

フォークの取り扱い注意

2019.12.20 19:52|ブルーベリー
フォークの取り扱いには十分注意が必要。

杉皮をすくいあげるのに便利な道具。
しかし、先がとんがっているので
足などを刺さないように注意が必要。

20191220_151903.jpg

そんなフォークは
長靴を貫き足に刺さります。
刺したときは足が冷たくて痛さをあまり感じなかったが、
夕方痛くて痛くて明日の朝は命がないかもしれないと思った。
塗り薬だけは塗っておこうと思い
寝る前に涙を流しながら塗って寝た。

そして朝、生きていた。
しかもそこそこ歩ける。
人間ってけっこう気合で治るものだ。

2020 活力剤散布

2019.12.12 19:42|ブルーベリー
12月12日、満月。
活力剤を散布。

20191212_133344.jpg

人間も菌活が流行っているが、
有機栽培には、微生物の有用菌が必須。

植物は、有機の肥料を与えても
そのまま栄養が使えないので
菌に働いてもらって使える栄養にしてもらう。