fc2ブログ
09 | 2021/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
カテゴリ

最新記事

プロフィール

H&M ガーデン 園長

Author:H&M ガーデン 園長
H&M Garden

リンク

最新コメント

最新トラックバック

フリーエリア

2021 イチジク施肥の量

2021.10.16 20:18|果樹
50年以上もしくは80年くらい生きてきた庭植えイチジク。
今まで無肥料で生きてきたようだが、
今年初めてブルーベリーと同じ肥料(米ヌカ等)を与えてみた。

今までで見たことがないくらい果実が膨らんだように見える。

20211014_151437.jpg

しかし、よく見ると果実が何段か飛ばして成っている。
これはおそらく貯蔵養分不足でおこる状態。
イチジクはブルーベリーとは違う。
もっともっと肥料を与えても良いのだと思った。

イベント 『秋のリフレッシュイベント』 2021.11.03

2021.10.15 19:48|イベント
イベント情報

  【イベント 『秋のリフレッシュイベント』 2021.11.03 】

  11月3日(水)、H&M Garden内で
  イベント『秋のリフレッシュイベント』を行います。

  大人気の二人の先生をゲストにお迎えしての
  耳ツボやハンドマッサージを行います。
  そのあとには、ハーブティーや手作りアイス、お菓子を食べて癒され、
  お帰りの際にジャムのおみやげが付くお得な内容になっております。
  完全予約制のイベントになります。  

 詳細はこちら → 『秋のリフレッシュイベント

line_4718303001583.jpg

2021 イチジクの栽培方向性決まる

2021.10.14 20:40|果樹
イチジクをどこで栽培しようかとずっと考えていたが、
水や電気は無いのだが、
第3駐車場をイチジクの栽培箇所にすることにした。

これから土壌改良や苗、防鳥ネット等の準備をして
植付は2023年の春の計画で進めていく。

20211012_093729.jpg

もう1箇所は、水や電気が使える箇所で
イチジクの鉢栽培を計画中。

地植えでは実付きが悪い品種や
耐寒性の弱い品種を育ててみる。

まだまだ先の計画にはなるが、
楽しみがずっと続いて行く。

2021 イチジク栽培 ネット張決定

2021.10.13 20:44|果樹
鳥に庭植えイチジクの場所がバレた。
毎日食べにくる。

お腹がすいているのだろう。
イチジクが美味しくてたまらないのだろう。
ここのイチジクは食べていいよ。

20211013_064433.jpg

これで決まった。
イチジクの本栽培では防鳥ネットを張る。

風よけの防風ネットにもなるので一石二鳥。

2021 ラズベリーに適する土壌

2021.10.12 20:29|ラズベリー
10年以上前にラズベリーを植える時、
参考文献を読むと土質は選ばないと書かれていたので、
たいした土壌改良を行わずに植え付けていたが、
最近では少し変わってきたのか、分かってきたのか
排水性が良い土が適すとなっている。

土壌改良をしっかり行い、
水はけの良い土に植えることが重要とされている。

20210902_144109.jpg

また、山形県最上総合支庁のラズベリー栽培視察の時の話では、
水が大好きな植物であるが排水不良地は不適と聞いた。

更に最近ではラズベリーは連作に弱く
以前ラズベリーやナス科等の植物を栽培されていた箇所に植えると
育ちが悪くなることもわかってきた。

ラズベリーは栽培技術がまだまだ確立されていない植物だが、
根腐れに弱いことがわかったので
排水の良い土に土壌改良をして植えるだけでも
だいぶ育ちが良くなると思う。